タイトル

GreenTeaLikes

時間の経過に伴う緑茶の味の変化について

緑茶は茶葉から抽出される嗜好品の飲料で、茶葉の加工によって様々な味が存在します。口当たりが良く芳醇な香りを持っていることから広く普及している他、ビタミン類を含み体内に取り込むことで脂肪や糖分の吸収を抑える効果があることから手軽に摂取できるダイエット食品としても注目されています。茶葉にお湯を注ぐだけで抽出できる手軽さも普及の一因ですが、時間の経過とともに酸化が進んで味が落ちてしまう点を注意する必要があります。また、一度水分を吸収した茶葉は急速に劣化が進んでしまいます。緑茶は嗜好品の飲料の中でも酸化しやすく、時間がたつほど味が悪くなってしまう特徴があることから一度に飲み干せるだけの量を少しずつ消費するように心がけることが大切です。茶葉は容器を開けて空気に触れた直後から劣化が進むので、長く保管する場合は日光を避けると共に、湿気が少なく温度変化が生じない場所を選ぶことが品質を維持するための条件になります。

緑茶の味の劣化を防ぐための工夫について

緑茶は日本で古くから親しまれている嗜好品の飲料で、煎れたての風味が多くの人に好かれているのが広く普及している要因です。お湯を注ぐだけで特有の風味を手軽に楽しめる一方で、扱いを誤ると品質が劣化してしまう欠点があります。そのため、日頃から取り扱いに関して気を配ることが大切です。緑茶は空気中の水分を吸収しやすい性質があるため、購入後は速やかに密閉できる容器に移し替える必要があります。また、日光に晒されるのも品質が大きく低下する原因なので、必ず暗所に保管するように心がけます。緑茶は製品として加工された直後から劣化が進んでいるので、大量に購入してもすぐに風味が消えてしまいます。一度に使い切るだけの量を少しずつ購入するのが無駄を軽減するための心得です。また、真空状態にしたうえで冷凍保存するのも効果的ですが、解凍時は水分を吸収させないように直接熱湯を注いで抽出することが品質を保った一杯を抽出するための工夫になります。

おすすめWEBサイト 5選

Last update:2017/4/7

『緑茶 味』 最新ツイート

@0b8iSSIyeZZEccN

赤ぷよはチリソース味、緑ぷよは緑茶味、黄ぷよはコンポタ味、紫ぷよはブドウ味のイメージ。 青ぷよは絵の具か食品サンプル。

15分前 - 2019年02月17日


@reina_yukawa

小山緑茶タピオカミルクティー。 ここのタピオカ変わった味するなってずっと思ってたけど、やっとわかった なんか普通に飲むとそんな感じしなかったけど、タピオカ飲むのに、ストロー使って飲んだ時に、あ、これだこの子だったのかと思った。なん… https://t.co/eBnclAaJQw

22分前 - 2019年02月17日


@ri_moon_4

抹茶葛湯買ってみたけどこれは甘い緑茶...微妙に味違う...😔

1時間前 - 2019年02月17日


 

Copyright 2015 GreenTeaLikes  All Right Reserverd